整体院・カイロプラクティック院にはこんな病状でお悩みの方が来院されています。
炭酸泉療法〜重炭酸イオン効果〜
毎日の炭酸泉入浴が有効です。

《炭酸泉の一般的な効果》
一般的に38〜40℃での炭酸泉温浴は、疲労回復、筋肉痛・関節痛・腰痛などの疼痛緩和、アトピー、リウマチ等に有効とされています。 その他、リラックスをもたらす副交感神経優位の体調に導き入れることで、免疫力アップが期待されます。
炭酸泉で血流が改善するためリウマチ、椎間板ヘルニア、座骨神経痛、脊椎間狭窄症、腰痛、肩こり、女性の生理痛、片麻痺の筋拘縮による痛み、腎透析のシャント痛などが軽減されるようです。実際に炎症などのCRPも下がる事も期待されています。
炭酸ガスが皮膚から浸透しすみやかに毛細血管が開き、血液循環をよくする働きがあります。血管機能の改善や基礎温度が高くなり、冷え性の改善になります。
血液循環がよくなると、新陳代謝が高まり、乳酸・疼痛物資・老廃物などの疲労物質を効率よく排泄し、自律神経(副交感神経)にも作用し、心身の緊張を開放します。また副交感神経は消化活動にも働きかけると言われています。